いつでもどこでも購入|オムニチャネルの利便性

2014.06.05名古屋


a0001_013865

最近「オムニチャネル」という言葉をよく耳にしませんか?

大手小売り店のネットスーパーや、コンビニ宅配など、オムニチャネルサービスが
皆さんの身の回りでも非常にサービスが増えてきていると思います。
私も時折愛用しております。

オムニチャネルって?

オムニチャネルとは、実店舗やオンラインストアをはじめ、自社サイト、
テレビ・ラジオメディア、カタログ通販、DM、ソーシャルメディアなど、
ありとあらゆる販売チャネルや流通チャネルを統合・構築する事で、
どのような販売チャネルからも、同じように商品を購入できる環境を
実現することを指します。

お客様はいつでもどこでも必要とする商品を購入できるというという利便性があり、
また商品を手に入れるまでの流通ルートも様々な形態がとれるようになっています。

なぜ広まってきている?

従来から考えられていた思想であるとは思うのですが、昨今のインターネット高速化、
モバイルデバイスとネットワークの隅々までの普及、流通システムの進化などで、
新たな小売の有り方として注目度がここきて高まっているのです。

今後の傾向

ECビジネスをされている方でしたら、この話題については自分の事として
捉えらている事も多いのではないでしょうか?
ますますEコマース市場が高まる契機であるといえますね。

流通ソリューションも、日本郵便さんが参入強化するなど益々盛り上がりを
みせていますが、私もこの時流にのって、Eコマースソリューションを色々な方に
広めて行きたいと思います。

この記事は参考になりましたか?

もしもこの記事を読まれて「参考になった!」と思われたのなら、
以下のソーシャルボタンから共有をお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2015.06.16大阪
日本年金機構のセキュリティ問題から学ぶこと
2015.05.16大阪
まだまだ知られていないマイナンバー制度について
2015.04.15大阪
スマートフォン・タブレットのセキュリティについて
2015.03.20名古屋
情報漏洩のリスクについて
2015.03.15大阪