初心者の為の情報セキュリティ3つのポイント

2014.07.15大阪


最近、情報セキュリティに関する大きな事件が多発しています。皆さんもご存じのPC遠隔操作事件やパスワードの流出による情報漏洩。コンピューターは便利ですが安心して使おうとすると、「情報セキュリティ対策」が不可欠です。インターネットに関する脅威は年々多様化してきています。そこで今回は初心者の為に必ず必要なポイントを3点あげておきます。

tipe

OSの更新を行う

OSやブラウザーなどのソフトウェアでは、脆弱性と呼ばれる穴(セキュリティ上の問題点)がよく発見されます。 皆さんもよくニュースとかで。IEの脆弱性が発見されたので、すぐに対処して下さいと言うのを見た事があると思います。 この問題の解決(対処)は、ソフトウェアメーカーからの修正プログラムを即入れる事です。良く見かけるのは「ソフトウェアの更新が必要です」と表示しているにも関わらず使用を続けている人がいます。一番危ない人です。

通知が来たらまず更新

ウイルス対策ソフトの導入

ウイルスに感染してPCが動かなくなったというのをよく聞きます。そのような人の大抵は、ウイルスソフトを入れていません。「お金がもったいないから」「動きが遅くなるから」、また「どうせ壊れてもリカバリーしたらいいんでしょ!」とか言う人。恐ろしいのは、壊れる事だけではないのです。冒頭にも書きましたが、先日の「PC遠隔操作事件」は、ウイルスで人のパソコンを乗っ取り悪さをしていました。自分だけが被害者になるのではなく、加害者になる可能性も秘めています。

即ウイルスソフトを導入しましょう

パスワードの適切な管理

最近LINEの乗っ取りが多発しています。乗っ取られた人は、SNSサービス全てに同じパスワードを使っている人が多いと聞きます。まずは、パスワードは同じ物を多様しない。また初心者にありがちなのが、折角解読されないパスワードを使っていても、PCに貼り付けている人。「忘れるから」といいますが、本末転倒です。メモで書くなら、人に見られない所、また解読出来ないように記載する事も大事です。また本当に簡単なパスワードを使っている人も多いです。123456とpasswordが最多らしいです。

まずはパスワードの見直しを

 

さいごに

上記以外にもまだまだ押えておかなければいけないポイントは沢山ありますが、まずは この3つを実行して下さい。 実は初心者で無くても、上記のポイントを押えていない人(会社)は多いです。びっくりすると 思いますが、情報系の会社でも、まだまだ出来ていない所を沢山知っています。 何かあってからでは遅いです、やるなら今でしょ!!

この記事は参考になりましたか?

もしもこの記事を読まれて「参考になった!」と思われたのなら、
以下のソーシャルボタンから共有をお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2015.06.16大阪
日本年金機構のセキュリティ問題から学ぶこと
2015.05.16大阪
まだまだ知られていないマイナンバー制度について
2015.04.15大阪
スマートフォン・タブレットのセキュリティについて
2015.03.20名古屋
情報漏洩のリスクについて
2015.03.15大阪