まだまだ知られていないマイナンバー制度について

2015.05.16大阪


今年の10月5日以降から発行されるマイナンバー。でも周りに聞いてもそれ何?と言う人が
多い。本当に大丈夫なんだろうか?と言う事で、3月に引き続きマイナンバーについて記載致します。

poster

 

 

 

おさらいですが、マイナンバー制度とは?

 

日本在住の全員に12桁の番号を割りふるマイナンバー制度。

主に行政サービスの効率化と納税や給付に関わる不正の防止を目的に導入されます。今までは、年金や税金、それに、医療保険などに関する個人情報は役所ごとにばらばらに管理されていました。

手続きの際には住民票や所得の証明書などを添付する必要があり面倒でしたね。
これが、新しい制度が始まると、窓口の担当者がマイナンバーによって情報を照会出来る為、
年金の給付手続きや住宅ローンの控除など、さまざまな申請の際に添付書類が不要になります。
また、行政側にとっては、複数の仕事を持つ人の所得や家族全体の収入を把握しやすくなるため
、所得の過少申告や税金の不正還付、それに、生活保護の不正受給などの防止につながるとされています。
マイナンバーが書かれた「通知カード」は、今年の10月5日以降、住民票に記載された住所に郵送されます。
そして、希望する人には「通知カード」と引き換えで、顔写真と住所、生年月日、それに、マイナンバーが記載された
「個人番号カード」が配られ、身分証明書としても利用できるようになります。

しかし、この制度はいい事ばかりではないとも言われています。番号管理と言う事で、不正アクセスによる
情報の流出や不正な使用も心配されています。

でも、始まってしまいます。その事を認知していない人が多すぎてびっくり!!

法人でも知らない会社があるのは、本当にびっくりしました。

個人の情報をきっちり管理する必要が会社にはあります。
まずは、この制度を知り、対策を早急に行う事を進言します。

トレンドマイクロが今年の始めに調査した結果をみると企業で5%、官公庁で3%しか対策出来ていない
らしいです。

10月までまだあると思わずに、今すぐ対策を!!

この記事は参考になりましたか?

もしもこの記事を読まれて「参考になった!」と思われたのなら、
以下のソーシャルボタンから共有をお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2015.06.16大阪
日本年金機構のセキュリティ問題から学ぶこと
2015.05.16大阪
まだまだ知られていないマイナンバー制度について
2015.04.15大阪
スマートフォン・タブレットのセキュリティについて
2015.03.20名古屋
情報漏洩のリスクについて
2015.03.15大阪